PEOPLE

社員紹介

02

ヘルスケア用品施設販売部 林 理咲子 社会学部現代文化学科
入社2020年

お客様の介護の悩みを

商品で解決できるように提案

Interview.1日本製紙クレシアを選んだ理由

自分が勤める会社が作ったものを 自信を持って販売することに魅力を感じて

就職活動をスタートした時にはやりたいことがまだ決まってなかったので、いろいろな企業の説明会やインターンに参加しました。保険会社、IT企業なども行きましたが、システムなどを販売するより、目に見える、手に取れるものがいいと思うようになり、メーカーを志望しました。その中でも毎日必ず使うような商品を扱うトイレタリーメーカーに魅力を感じ、当時はティシューや洗剤などの裏を見て製造元を調べていました。当社は誰もが聞いたことのある知名度の高いブランドを扱っていて、商品に自信を持って販売できる、働くことができると思い面接を受けました。また最終面接の時に面接官として役員クラスの方が6人もいて、その丁寧な対応から、人や社員を大切にしている会社だと思えたことも大きかったですね。

Interview.2私の仕事

病院や介護施設に大人用紙おむつを販売 現場の課題に応えるよう解決案を商品で提案

病院や介護施設へ大人用紙おむつ「アクティ」などのヘルスケア用品を販売することが主な仕事です。1年目は先輩との営業同行や介護ショップへの巡回を行い、2年目からは施設や代理店、販売店を担当するようになりました。介護現場の方には、困りごとがないかヒアリングを行います。その際に、例えば紙おむつを利用した際の「漏れ」が気になるということであれば、状況をよく伺い使い方のアドバイスをしたり、より適したサイズの商品を提案したり、一緒に考えて解決策を模索していくことが1番の仕事です。紙おむつの最適な使い方など、お客様に商品への理解を深めていただける勉強会も行っています。それらを通じて新規、既存のお客様に当社の商品を長く使っていただければと思います。

Interview.3求められるスキルやマインド

必要な時に必要な人と連絡が取れる 仕事に求められるコミュニケーション能力

ヘルスケア用品を担当するにあたって、必要な知識は社内研修などで学び、基本的な介護の知識が身に付く介護職員初任者研修の資格は、会社の支援で取得することができます。また、営業として社内外、年齢を問わずいろいろな方と接することが多いので、コミュニケーション能力の必要性を痛感しています。当社商品をご提案する際、話のきっかけになるようなちょっとした話題も大切だと思っています。そのため、業界の流れはもちろん、社会全体のこと、流行っていることにもアンテナを張っておくように心がけています。そして、ただ仲良くなるだけでなく、社内外ともに必要な時に必要な人としっかりと連絡が取れる、話しやすい、相談しやすい良好な関係を築くことが大事だと思うようになりましたね。

Interview.4仕事のやりがい・日本製紙クレシアの魅力

商品を実際に使っている人に話が聞ける ヘルスケア用品施設販売ならではのやりがい

私の部署では、介護施設の入居者様のケアを担当する職員の方に商品を提案しているので、使い勝手や当社が力を入れている消臭の効果を直接聞くことができます。実際に使う人に商品の良さを実感してもらって、言葉で返していただけることにやりがいを感じます。特にお褒めの言葉や、現場の悩み事が解決した時の感謝の言葉などは嬉しいですし、達成感があります。生の声を聞けるというのは、施設販売担当の仕事ならではの魅力だと思います。また、非常に働きやすい職場だと思います。分からないことがあれば上司や先輩、他部署の方まで丁寧に教えてくれますし、営業車で移動中にする先輩との話も楽しいです。

1日の流れ

  • 9:30~11:30
    新規卸店直行 商品説明会
  • 12:00~13:00
    お昼休憩
  • 13:30~15:00
    既存施設ご訪問
  • 16:30
    事務処理等
  • 17:45
    退社

Interview.5私のこれからと目標

大人用紙おむつ「アクティ」 その知名度を上げていきたい

介護施設に商品を販売している卸業者に、商品販売を一緒に取り組んでもらえるようにお願いしたことが実現したり、何度も足を運び悩み事の解決をご提案していた介護ショップと成約できたりと徐々に営業の成果を感じています。しかし、まだ大人用紙おむつの「アクティ」は、知らないと言われることも多いので、スコッティやクリネックスのように「大人用紙おむつといえばアクティ」と言われるように知名度を上げることに営業として貢献していきたいと思っています。また、私は先輩方に本当に丁寧に仕事を教えていただいたので、同じように後輩に接したいと思います。そうしたやりとりが長年続いているためか、社内の雰囲気は良いと思います。

Interview.6学生へのメッセージ

あいさつやお礼がきちんとできる コミュニケーションを大切に

今、一緒に仕事をしている後輩がとても礼儀正しく、仕事でわからないことを教えてもらった際などに、きちんとお礼を言っているんですね。こちらも気持ちいいですし、営業ではさまざまな人と関わるので、そういうコミュニケーション面は就職活動中から意識できるといいと思います。自分に合った企業を見つけるのは大変だと思いますが、いろいろと調べてみてください。私も頑張ってさまざまな企業を見て、結果的に希望した営業職で自分に合ったペースでの仕事ができています。周りと比べず、本当に自分のやりたいことを探してください。その中で当社を選んでいただけたら嬉しいです。