日本製紙クレシア株式会社は、家庭紙業界のパイオニアとして歩みを続けてまいりました。1963年にわが国最初の一般家庭用トイレットペーパー「スコット® トイレットティシュー」を、1964年にはわが国最初のティッシュペーパーとなる「スコッティ®」「クリネックス®ティシュー」を発売しました。以来長年培ってきた高い技術力のもと、家庭用製品、ヘルスケア製品、業務用製品を製造・販売しています。これからも常に新しい快適さを品質というカタチにして社会に発信してまいります。

HOME > 会社案内 > 工場・営業拠点一覧 > 開成工場

工場・営業拠点一覧

工場・営業拠点一覧に戻る

開成工場

主要製品:ティシュー・トイレットティシュー・キッチンタオル・ペーパータオル
開成工場は、東名高速道路・大井松田インターチェンジから西に5分のところにあります。富士山系の良質で豊富な水に恵まれた最適の地に、やさしいティシューづくりを目指して日本で最初に誕生したティシュー工場です。
永年にわたり蓄積された技術と経験に、常に新しい技術・設備を取り入れて、お客様にご満足いただける製品づくりに努力しています。
開成工場地図
開成工場写真
操業開始:1963年7月
工場敷地:約64,000m2
生産設備:抄紙機2台・ティシュー加工機・トイレットティシュー加工機・ペーパータオル加工機・ウェットティシュー加工機