日本製紙クレシア株式会社は、家庭紙業界のパイオニアとして歩みを続けてまいりました。1963年にわが国最初の一般家庭用トイレットペーパー「スコット® トイレットティシュー」を、1964年にはわが国最初のティッシュペーパーとなる「スコッティ®」「クリネックス®ティシュー」を発売しました。以来長年培ってきた高い技術力のもと、家庭用製品、ヘルスケア製品、業務用製品を製造・販売しています。これからも常に新しい快適さを品質というカタチにして社会に発信してまいります。

HOME > 環境への取り組み > 日本製紙クレシア環境憲章

日本製紙グループ環境憲章

制定 2001年03月30日
改定 2007年03月30日

基本理念

私たちは、生物多様性* に配慮した企業活動を基本とし、長期的な視野に立って、地球規模での環境保全に取り組み、循環型社会の形成に貢献します。

* 「生物多様性」とは、一般に、同じ種内でも遺伝子に差がある「種内の多様性」、様々な生物種が存在する「種間の多様性」、および多様な自然環境に応じた「生態系の多様性」の三つの多様性を指します。

基本方針

(1)地球温暖化対策を推進します。
(2)森林支援の保護育成を推進します。
(3)資源の循環利用を推進します。
(4)環境法令の順守はもとより、さらなる環境負荷の低減に努めます。
(5)環境に配慮した技術・製品の開発を目指します。
(6)積極的な環境コミュニケーションを図ります。

日本製紙グループ環境行動計画「グリーンアクションプラン2020」

日本製紙クレシア環境行動計画「グリーンアクションプラン2020」